近所の


近所の裏路地でひっそりと長い年月地元民の胃袋を支えて来たであろうラーメン屋さん。

入り口の暖簾にはラーメンとだけ書かれてるのでお店の屋号はわからない。

外観は築50年は軽く経過してる見た目で、

店内にあるものひとつひとつも時代を感じさせるシルエットの物ばかり。

でもきっと潔癖であろう頑固そうな店主がピカピカに磨き上げてるので汚さみたいな物は一切感じない。

寧ろノスタルジックな雰囲気で満ち溢れてる。

映画、3丁目の夕日のセットに入り込んでしまったのかと思う位。

味は見ての通りあっさりだがコク深い醤油ラーメン。

毎日食べれるラーメン。

ビジュアル的にもナルトが良いアクセント。

そして価格は400円。

軽くDIGったがネットの世界にこのお店の情報は無かった。

そう、無いままで良いのだ。

店主の頑なスタイルとやり方を尊敬する。

TAZ-tokyo Blog
最新記事
アーカイブ