明けましておめでとうございます


TAZフィルマーのSTONE-Dが光が丘の過去映像をアップ。

後ろに聳える煙突はアクセントになり、この場が一瞬で光が丘だって事を認識出来る良いシンボルでした。

例えばブルックリンバンクの茶色いタイルだったり、例えば工学院の3段4段ダブルセットだったり、例えば線路沿いのTBSだったりetcみたいにね。

無くなってしまった事は淋しいが何かが再生されるでしょう。

そうやって回っていくんだよね、、

最新のSbマガジンで『ローカルスポットとひとりのHEROとぬけだし少年の話し』でシンボルとは?と自分なりにコラム書いてますのでチェックしてみて下さい。

これはTAZの1番最初に作ったDECK『煙突の下でまた明日』のCM。

懐かしいw

TAZ-tokyo Blog
最新記事
アーカイブ